金曜日, 7月 22, 2016

夏野菜の収穫 つづき

 西日本は梅雨明け宣言を受けて 連日猛暑日が続いています。
 今日の東京地方は 曇天で  およそ梅雨明けは感じられません 何時も 梅雨の後半は 北東の湿った冷たい風が吹いて こんな天気の日が多いのです 「やませ」と同じ風です。


夏野菜の 主力組キュウリ・ナス・トマトは 収穫の最後の追い込みの時期に入っていますが サブ組の中の一つニンジンは 美味しそうな キレイナ葉を揺らしています。

 3月 新農園が当ってすぐに 30cm巾ほどの畝に種を蒔きました。 途中 間引き 除草 追肥を遣って 育ててきました。
 7月も後半に入りましたので 根の周りを指でさぐって診ると けっこう太くなってきました。

 太そうな 株を選んで試し掘りしてみました 中には又根と割れ根のものが それぞれ一本づつありましたが 他は まずまず良好のニンジンになっています。
 当分の間 数本づつ収穫していけそうです。 鮮やかな色の 葉っぱは もったいないが 固くて捨てるしかありませんでした。
夏野菜 恒例のサブ組の一つ 赤シソも 虫や 病気にによる 被害もなく 無事 収穫期を迎えたので 刈取りました。

 早速 赤シソジュースを作りました。
 一般に 作られているレシピとは 全く かけ離れたジュースで 家族でも 誰一人として このジュースを飲むものは居ません。 酢の匂いが強く 酸っぱいからです。
 
( 作り方につきましては 毎年 この時期に掲載しておりますが 例えば 2008年 6月 13日のアーカイブ等を ご覧ください )


 

土曜日, 7月 09, 2016

夏野菜の収穫

東京地方の梅雨も 後半に入り 湿度の高い曇り空が続いています。
東京の水源地 利根川の上流地方は 冬の積雪量が少なかった上に その後の 降雨量も少なく これから 梅雨後半の降雨量が少なければ この夏は 水田の稲作と我々の生活水にも大変な悪影響が出そうな状況です。  東京の都心部では 今のところ 平年並みの降雨です。

  7月に入って 農園の夏野菜も 収穫の最盛期に入りました。
  毎日 収穫に出かけないと ナスもキュウリも化け物のように大きくなってしまいます。

  今日の収穫のすべてを並べて写真に撮りました。
  キュウリ・ナス・トマトに続いて ツルナシインゲンと万願寺トウガラシも穫れ始めました。

 ツルナシ インゲンは 4株分の 初回収穫です この位 纏まって収穫出来ると 消費見合いで都合がいいです。
 万願寺トウガラシは 5株の2段と 3段花房分の収穫です。  これから気温が上がると 花付も多くなり 落花も減るので 量的に収穫期に入ります。

キュウリ・ナス・トマトは既に 3回の追肥を遣っています。 インゲンと万願寺も収穫が始まったので 第1回の追肥を遣りました。


水曜日, 6月 22, 2016

夏野菜 その二

 昼間の時間が最も長い季節を迎え 農園の夏野菜も溢れるばかりに大きくなりました。
 ナス・キュウリ・トマト は連日の収穫を戴いています。

5月に定植した 万願寺トウガラシ・赤シソとツルナシインゲンも大きく育って 収穫期になって来ました。
 右の万願寺は 1段花房の実は既に穫れて 3段の花が開花しています 5株植えてありますが 写真の奥に見えるナスに迫る勢いです。
 この畝の 万願寺とナスは 秋 10月まで収穫するつもりです。 共に 背丈が 1.5m 程に伸びるので 秋蒔き野菜の邪魔にならない様にと 日陰側の畝に並べて植えました。


万願寺の写真の左下にちらりと見えている赤シソです。
 これで 10株 植っています。
 毎年 ほぼ 同数の無農薬シソの葉を使って 濃縮赤シソジュースを作り 冷蔵庫で 一年間保存しています。
 そして 毎朝食時に ヨーグルトに混ぜ さらに 全粒きな粉を加えた1品が 私の健康維持の一つになっています。(と 思い込んで づっと続けています)
 去年作った 赤シソジュースも 底をついたので シソの葉を収穫してジュースを作る時期になりました。


 赤シソの写真の上側に チラッと見えているのが ツルナシインゲンです。
 トマトの畝の南側の 空き間に トマトの邪魔にならないように ツルナシのインゲンを4株植えました。 以前に 写真を掲載した小松菜が穫れた後地です。
 花が いっぱいに咲いて 既に 実が鈴生りに生って来ました。 結構 楽しめそうです。
以上の 夏野菜で 農園の敷地は満杯です。

 この トマトは 前にも書きました 苗作りの途中で病気にかかり これを農園に植えて 若し その病原菌が土壌を汚染しては 後々面倒なことになる と 案じたトマト苗で その苗の 大玉と中玉の一苗づつを 庭のプランターに 植えておいたものです。
 幸い 悪質の病原菌は無く 無事収穫出来るようになりました。 手前は 大玉トマトで 奥側が中玉トマトです。
 プランターが小さく 土の量が少なために 風で倒れることを考慮して トマトの背丈は 4段花芽迄として その先は摘みました。

 この一段は 3果に摘果し 第一果は収穫してその場で味見をしました  グー でした。

日曜日, 6月 12, 2016

渋谷界隈を歩く

 今 渋谷駅界隈は大きく変わろうとしています とりわけ 目に見えない地下が大変なかわり様です。 最近の新聞にも「旧東急百貨店の地下を流れている渋谷川(現在は暗渠になっていて誰にも見えない)を東に40m移す工事が完了し、百年に一度とも言われる大規模再開発・・・」と書かれています。
 「春の小川は、さらさら行くよ」と我々も歌った小学唱歌の歌碑が 渋谷川の源流の一つ 代々木公園に建っています。 当時この一帯は田園地帯で 渋谷川の支流の一つが 辺りの田を潤し 歌詞に詠まれているようなのんびりとした風景が広がっていたのでしょう。
 今 野菜作りを楽しんでいる 久我山の農園も 同じ武蔵野台地にあり こちらは神田川の流域にあります。 想いを昔に戻して 両者を見比べてみようと 渋谷川界隈を散策してみました。
 
ほとんど水の流れは見えない渋谷川の現在の姿は 高く聳えるビルとビルの合間にあるコンクリートで固めた溝の様です。
 恵比寿駅手前の辺りから 川は東にカーブしています その近くに 古い鎌倉道が川を横切って通っていて 写真の「庚申橋」が架かっています。
 橋のたもとの小堂には 寛政11年(1799)の銘が入った 高さ137cmもある石柱の庚申塔が祀られています。  当時 辺りに住んでいた人達はこの庚申塔を囲んで 庚申の一夜を明かしたのでしょう。

川の流れに沿って(と言っても 川辺りを歩く訳ではありません 川はビルの陰を流れていて 全く見えません)  少し行くと 左手の小高い丘に 立派な寺社がい くつも並んで建っています。 これらの寺々は 久我山の辺りの寺院に比べると 江戸城に近いこともあって 大名家の墓が多く構えも立派です。 写真の寺院 祥雲寺には テレビドラマで有名な「軍師 官兵衛」の長男 黒田長政の大きな墓標があります。 その他 黒田家の分家 秋月家や 久留米藩主など諸大名の墓地群もあります。
 また 墓地の中には 江戸時代初期の医家 岡本玄次や宝生流家元代々の墓や 常磐津の開祖 常磐津文字大夫の墓もあり 著名人の墓が目につきます。

渋谷駅の近くに戻って 青山側の台地に建つ 金王八幡宮を訪ねました。  この神社は 今は無き渋谷城内に建てられたもので 現在は神社の建物だけが残りました ただ 境内には 渋谷城砦の石が一つ展示されていて 訪問者らは この一個の石で なき天守閣や石垣への想いを馳せるしかありません。
 将軍家光の乳母「春日局」も金王八幡宮への参拝は欠かさなかったとか 最近は若者にも 人気が出てきたスポットだそうです。
 更に 境内にある「金王桜」は一枝に 八重と一重の花が同時に咲く珍しい桜の樹で 碑には 芭蕉が詠んだ「しばらくは 花のうえなる 月夜かな」の句が残されています。

 渋谷も 駅の近くは 超近代的な建築群と 古い遺跡との対比が 際立っているのが印象に残っています。
 

水曜日, 6月 01, 2016

夏野菜のその後

この時期 夏野菜の成長は超速です。
 一ヶ月も 経つと見違えるほどになりました。

 2月に種蒔きして 育苗したトマトはご覧の通り 2本仕立ての主枝(写真の右側の枝)は背丈ほどに伸びて 5段目花房まで実が着き 7段目までトーン付けを終えました。
 1段の実は ぼつぼつ色付いてくる頃です。
  一方 左に伸びる 側枝の方も3段花房までの実が見えています。

 購入した 継木苗のトマトも 今のところ 病気にも罹らずに育っています。

購入苗のナスは 昨年は不慣れのために 定植後 少し手間どりましたが 今年は順調に育ち既に第一果は幼果穫りをしました。
 穫りたてのナスは 格別で このナスらしい美味しさで 数は別として グーでした。

 既に 追肥も終えて 支柱も建てたので これから 真夏の剪定中の休みを挟んで 10月一杯新鮮なナスの味を楽しめると タヌキノ皮算用をし乍ら 眺めています。


今年のキュウリは 継木苗を一株だけ植えました。
 苗の届いたのが 例年よりも十日近く遅かったので ご覧の通り 葉の陰で花が咲いているだけです。 例年だと もう収穫の最盛期に入っているのに まだ収穫は一本もありません。
 写真でご覧の通り 主蔓と子蔓2本の 例年と同じ3本仕立ての蔓は ネットを駆け上がって旺盛に見えますが 花は 裾の 葉陰に見えるだけで 何となく淋しい眺めです。

区画の端に 一筋蒔いたニンジンは 美味しそうな若葉を伸ばして来ました。
 
 先日 間引き 追肥をして トンネルを外しました。これから日に日に葉数も増えて 隣の畝のトマトに覆い被さって交通妨害になるでしょう。

 狭い区画内には 此れ等の他に 万願寺トウガラシ ネギの苗作り 赤しそ ツルナシモロッコがあります それ等の写真は もう暫く成育したらアップしたいと思っています。

 その間 先日歩いた 変容の激しい渋谷川界隈の写真をアップするつもりです。

日曜日, 5月 08, 2016

夏野菜の定植

 5月の連休に入って 農園は連日大勢の人が 朝の早くから 遅くなった日没まで 夏野菜の植付けと 世話に励んでいます。 今年は 新契約の初年で 顔馴染みのない人達も多く お互いにギコチナイ挨拶が交わされています。

 今年のトマトは 前回も書きましたが 節分過ぎに種を蒔いた苗が病気に罹って 良さそうな1株だけを ここに定植しました。
 その一段花房は未だ株が幼いので 4果だけを育て 残りは摘果しました。
 3段花房まで開花し また一段果の下の脇芽の花房も開花し始めました。 今年は 始めての甫場で土の状態がよく分らないことと 心なしか 先端部が弱々しそうに見えたので 少々 早目だが 第一回目の追肥を遣り終えています。

 トマトの畝には この他 購入した継木苗を2株植えて 今年のトマトはトータル 3株で 例年の半分以下です。
苗の売り出し日は 4月18日でした 当日は朝から大変な人の群れでした 。
 人の行列に並んでトマト苗は2株購入し その日のうちに定植しました。
 ご覧の右側 一段花が開花しているのは タキイの「ファイト」の継木です。
 左側の 背の低いのは中玉トマトの「フルティカ」の継木です。 この種類は人気があって売れ行きが良く大きく育っている苗は売切れで 私の買った苗は 播種日が遅く まだ小さいが ガッチリしたいい苗でした。


 ナスは 昨年もここで「豊黒中長ナス」のラベルが着いた苗を2株買いました。  この品種は始めてで 慣れないために 最初のうちはチョットと惑ったことがありましたが 果実は皮が柔らかくて 味が良く 夏の強剪定の後は収量も増えて 10月一杯収穫ができました。
 今年も このナスと同じラベルの付いた苗を 買って帰り 一段大きなポットに移し替えて 開花の時期まで 20日ばかり温室で育ててから ここに定植しました。
 しかし 今 こうして見ると 去年のナスとは 株の伸び具合や 葉や花の大きさ 等「チョット違うのでは?」と 売場のラベルの着け違いを危惧しています。 はたして どんな実が着くのか 気になります。 


 キュウリは例年と変わらず タキイの「夏すずみ」の継木苗です。
 今年は場所の都合で1株にして キュウリでお馴染みの「給水パイプ」も割愛しました。
 今年は 苗の到着が遅く 4月25日に定植しました。やっとヒゲ蔓も伸び出し トンネル一杯に蔓が伸びる頃に ネット張りをします。

 写真にはアップしていませんが 今年も 万願寺トウガラシの種を3月末にポット蒔きし 先日5株を定植しました。
 夏野菜は 以上です これで与えられた区画はほぼ満杯になりました。

日曜日, 4月 17, 2016

新らしい農園で

 市民農園は 3年毎に借りる区画が抽選で決められます 今年から始まる3年間は 面積も狭く 陽当たりも良くない場所が当たりました 与えられた条件の下で 工夫を凝らしてベストを目指せればと思っています。

  さて 前回 今年のトマトは 購入苗を定植する予定と書きましたが 病気の被害が 比較的少ない一株の一段花房が開花したので 農園に定植してみました。

 この株は 今のところ 葉に病気が現れていないし 健康そうです この花房には 既に着果ホルモンを散布しましたし 写真には 二段花房もしっかり見えていますので まともな実が期待できるのではと 見ています。
 また 花の左に 勢いよく見える枝は一段花房下の脇芽です この脇芽は摘み取らないで 主枝との2本仕立として育てていくつもりです。

 明日はJAで夏野菜苗の売り出し日です。 大玉トマトと中玉トマトの苗を一株づつ購入して来て このトマトの隣に植え 今年のトマトは 合わせて3本 育てる計画でいます。

トマトの畝に沿って 幅50cmばかりのスペースがあります。都会の農園では極めて貴重な土地ですので 有効利用をします。

 この場所はネギの苗作りに充てるることにして 彼岸の日に 九条葉ネギと 西洋ネギの種を蒔いておきました。
 やっと芽が出揃ってきましたので間引きをして この時期 独特の突風「青嵐」に備えて 風除けのトンネルをかけておきます。
 手前の方が 九条葉ネギで 奥の方が西洋ネギです。

  もう一つ 隣との境界線に沿って狭いスペースがあります。 長さは 3mそこそこですが ここの利用はジュース用の赤シソ栽培地とし 別途 シソ苗を育て ここに定植をします。

 それ迄の間の利用として たまたま種の保存箱の隅に 数十粒の古い小松菜の種を見つけ 捨てるのはもったいないので この空き地に ネギの種蒔きと 同じ日に蒔きました。
 ネギは発芽に10日近くかかりましたが 小松菜は3~4日で発芽し 軽く中耕・追肥・土寄せをしておきましたので 間もなく お粗末乍ら 一回分の収穫対象になるでしょう。