木曜日, 4月 06, 2017

シーズン イン になりました

ご無沙汰に過ぎているうちに神田川沿いの桜も満開になって 菜園のシーズンが到来しました。 
 この冬は 幸いに一度も積雪を見ることなく 秋に蒔いておいた白菜やホーレンソウ・小松菜など 3ヶ月以上もの間 冬の太陽を連日タップリと浴び 根からは大地の養分をじっくりと吸い込み 店で買う野菜では得られない 味と栄養に満ちた野菜に恵まれました。 寒い間も 菜園には 時々通っていましたが 自然の恵みを戴くだけで 農作業は一切ゼロ 写真も撮らないで帰ってきていたので このブログのアップも休んでいました。

11月の始めに畝の端に種を蒔いて 冬の間じゅう二重のトンネルの中で 寒さを凌いで来たキヌサヤに花が咲き いよいよ 菜園にもシーズン インのサインが灯りました。

 寒い間は 菜園に通っても取る物だけを取って さっさと帰えるクセが付いていましたが もう 甘えは許されなくなりました。

 これからは 固くなった土に春の気を入れたり 周りの片付け清掃など 少しづつ 世話をして それから 忘れずにカメラも持参しましょう。



今年も 2月10日に トマトの苗造りに入りました。
 自分の部屋を温室代わりにあてて 育苗しています。
 例年通り 中玉トマト「フルチカ」と大玉トマト「ファイト」の二種類で 3ポットです。
 中玉は本葉7枚目に花芽が着き 大玉は本葉8枚目に着きます。 その中玉トマトの一段花芽が開花しました そして その脇芽も逞しく延びています。 この脇芽は 二本仕立てのために 摘み取らないで そのまま延ばして行きます。
 天気予報では この辺りの朝の最低気温も5℃以下に下がる確率が低いようですので 定植をして 二重にトンネル掛けをしておきます。


毎年4月になると 日に日に暖かくなり 葉物野菜の生育には 絶好の気象条件ですが 夏野菜のナスやトウガラシ類の定植が控えているので その小一ヶ月の間の場所の利用を図ってみました。
 秋野菜の白菜やカブ・大根を収穫した跡地に 春一番が吹くのを待って ホウレンソウと小松菜の種を蒔きました。  発芽さえ揃えば 4月中に 収穫出来るとの算段です。  今のところ ご覧の通り順調に生育しています。 先日間引きと中耕・追肥を終えたのでナスの定植迄には 柔らかい 露地産の春野菜が戴けるとの皮算用です。


 

日曜日, 1月 22, 2017

冬野菜の収穫

 大寒を迎えて 東京は冬晴の天気が続きます テレビで日本海側の大雪情報をみききするたびに 雪下ろしで大変な毎日を過ごした頃を思い出しています。
 ここ東京では 農園へ行くのは 昼間の比較的過ごし易い時間帯に 運動を兼ねてその日にほしい野菜を収穫するためだけです。 冬野菜達も 防虫ネットに重ねて 防寒フイルムを被せた トンネルの中で 成長を止めて じっと眠っている様にみえます。


 秋の小カブの頃から 順次 収穫してきたカブの畝も 今頃になると抜かれた跡がやたらと目につき 月面のクレーターの様に見えます いよいよカブも終盤です。
 寒い時期のカブは 葉も柔らかく かおりがあって美味しく 捨てるところがありません。

 右端の一本 やや大ぶりで 葉っぱの形ちが違うのは 今年始めてトライした 辛味大根です。 此の寒い時期は 鍋物が多くなるので すりおろして食べると ピリッと辛みがあって大変グーです 小人数向けには このぐらいの大きさが また合っています。   



 毎年欠かさず 春の彼岸に種を蒔いて 夏に溝を掘って深く植えて育てた西洋ネギで うちの畑の常連です。

 霜が降りる頃から 甘味も増して 美味しく戴けます。お正月料理にも食べ続けてきたので その最後の3本を収穫しました。 これ程の太さになると 味が深くなり 食べでがあります。
 春には 種を蒔いてまた育てましょう。


頂上花蕾の収穫後 小一ヶ月経って 脇枝が延びて 花蕾もそれなりの大きさになったので 脇枝共に収穫してきました。
 このまま さっと塩茹ですると 花蕾も 軸もそのまま戴けます 中国野菜との掛け合わせ種で 軸が柔らかくて美味しいのです。
 こうして 脇枝を摘み取ると 次々と脇枝が出て 春まで 収穫が出来ます。カリフラワー等は 一本で広い場所を取る割に 頂上花蕾を一回収穫してしまうと 春まで その場所が空き地になってしまいます 農園の貴重な場所を有効に使うために うちの農園でも ブロッコリーやカリフラワーに替わって この茎ブロッコリーんを植える人が増えてきています。

日曜日, 1月 01, 2017

今年も自転車で初詣に

 あけまして おめでとうございます 変わりませず 宜しくお願い申し上げます。
 さて 今年の元旦も 東京は風も弱く 自転車で行く初詣には絶好の天気に恵まれました。  自転車を飛ばして 30分以上かかる「井草八幡宮」への初詣でした。
 
井草八幡宮は青梅街道に沿って 面積が約1万坪あり 都内で四番目の広さだそうです。
 境内には椎 樫 檜 欅 楠 銀杏などが自然林のようにうっ蒼と生い茂って森厳な雰囲気が漂っています。 街道に面した東門には高さ4.5mの朱塗りの大きな鳥居があり それから参道が 巾 9m 総延長220m 延びています。 記録によると この参道で5年に一度 鎌倉の昔を偲ぶ恒例の流鏑馬の神事が執り行われていたのが頷かれます。
 その参道も 今日は ご覧の通り初詣客を相手にした屋台が何十軒も軒を連ね 楼門まで ビッシリと並ぶ 異様な雰囲気でした。
地元に残る「神社誌」によりますと本社の創建は1193年とある 古い神社です。源頼朝が奥州征伐の途中 ここに宿陣したとも言われています。 
 ご覧の建物は 楼門で 鎌倉時代の様式を模して昭和46年に建てられた鉄筋コンクリート造り 柱 桁 欄干などの朱塗りが白壁に映えて 木造建築の様です。
 今日は ご覧の通り 初詣客が多く この楼門をくぐって人の列が延々と続き 本殿に入る迄に2時間かかりました。
 本殿前は 更に人の群れが多く 拝礼するのが精一杯で 写真を撮ることも叶はず 折角の初詣もあっけなく感じました。
 テレビの人気番組 ブラタモリ流の解説ではありませんが 社の在るあたり一帯は善福寺川北岸台地の南斜面で 人類の生活しやすい地形ですから 石器時代の遺跡が多く出土していて境内を含む付近一帯を「新町井草八幡遺跡」と名付けられ 出土した土器 石器 類は当社の文華殿に保存されています。  

土曜日, 12月 03, 2016

秋野菜は順調です

 このところ ブログへは ご無沙汰が過ぎています。
 農園には 通っているのですが カメラを持参していないので 写真を撮らないで帰ってしまう日が続き 数ヶ月振りの投稿になってしまいました。
 撮って来た写真を早速アップします。
12月に入ると 農園の様子は 冬支度に入ります。 
 今年の白菜は例年よりも 種蒔きが遅れた苗作りになりましたが その後の 気候がまずまずだったので 結球も進み 寒風に備えて 外葉を縛りました 例年通りのポンチョ姿です。
 この品種は ずっと作り続けている「王将」で 緑の部分が多く 鍋物には絶好の白菜で 目方も5キロ程の大株になります。 しかし 最近は 青葉が多いと萎れ易く 見た目が良くないので 小売店では好まれないために流通量が少なくなっているので 自分で作るしかありません。
11月に 秋ナスが終了した後 トンネルを掛けて 種を蒔いた ホウレンソウと小松菜です。
 手前の 畝は  奥より1週間ほど遅らせて蒔いたものです。 収穫の時期は 一月以上も後になるでしょう。
 この 小松菜は始めてシーダテープを使いました。 学校で生徒達に 指導したことはありますが 自分の畑に使ったのは始めてです 蒔く時もさることながら 発芽後の世話が楽です これからは ホウレンソウもこれに変わっていくでしょう。
 手前に チラッと見えていますが 秋蒔きキヌサヤの苗です。
白菜の畝の向こう側に見えていましたが お隣の区画と間に 巾50cm足らずの細い畝を作って そこに 春蒔きネギを定植してあります。
 手前側半分は 西洋ネギ リーキです 奥の半分は九条の小ネギです。
 西洋ネギは 例年のコンソメ味に 柔らかく煮込んで戴き 九条ネギは 香りが素晴らしいので 寒い時期の鍋料理に その都度 引っこ抜いて持ち帰る 重宝な野菜です。
場所が無いので 区画の南の側 狭い所に 横一列に 茎ブロッコリーを植えてあります。
 既に 頂上花蕾は 直径が500円硬貨ほどの小さいうちに収穫し 脇枝の発生を促しています。
 中国野菜との交配種で これから春先にかけて 次々と伸びて来る この脇枝は軸が柔らかくて美味しいのです。
 この他に 写真は撮っていませんが 大根とカブも 正月野菜用に少々植えてあります。

土曜日, 9月 03, 2016

秋ナスの収穫

  今年は 異常気象が続いたために 農園の野菜も影響を強く受けています。
その中でも 昨年 新品種に変えたナスは比較的順調に成育して 皮が柔らかくて美味しい実を収穫し続けて来ました。
 秋以降 10月一杯 引き続いて収穫を続けるために 今年も 8月に入る前に 3本仕立ての各枝を 2〜3節だけを残し それから上の枝は全て切り落としてしまう 強剪定をしました。
 その剪定ナスも 春先の花と同じ様な 鮮やかな色の花を咲かせていましたが 9月に入って ご覧の通り 皮が柔らかくて 美味しい 秋ナスの実が生り始めました。 剪定後 株にハダニの痕跡が見えたので 花の咲く前に消毒をしておいたのですが 実には若干 ハダニの跡が見えます。
 枝の剪定と同時に 根元の畝の両側を かなりオモイキッてスコップを入れ 根を切って 腐葉土と元肥 とりわけ枝葉の成育を早めるために 尿素をパラパラと撒いておきましたので寒くなり始める迄は 収穫を楽しめそうです。

 その他の 秋野菜は 最近の異常気象のために 作業が遅れがちです。
 ブロッコリーや白菜の苗作りも遅れ 大根・カブの種蒔きも 例年より遅れそうです。

金曜日, 7月 22, 2016

夏野菜の収穫 つづき

 西日本は梅雨明け宣言を受けて 連日猛暑日が続いています。
 今日の東京地方は 曇天で  およそ梅雨明けは感じられません 何時も 梅雨の後半は 北東の湿った冷たい風が吹いて こんな天気の日が多いのです 「やませ」と同じ風です。


夏野菜の 主力組キュウリ・ナス・トマトは 収穫の最後の追い込みの時期に入っていますが サブ組の中の一つニンジンは 美味しそうな キレイナ葉を揺らしています。

 3月 新農園が当ってすぐに 30cm巾ほどの畝に種を蒔きました。 途中 間引き 除草 追肥を遣って 育ててきました。
 7月も後半に入りましたので 根の周りを指でさぐって診ると けっこう太くなってきました。

 太そうな 株を選んで試し掘りしてみました 中には又根と割れ根のものが それぞれ一本づつありましたが 他は まずまず良好のニンジンになっています。
 当分の間 数本づつ収穫していけそうです。 鮮やかな色の 葉っぱは もったいないが 固くて捨てるしかありませんでした。
夏野菜 恒例のサブ組の一つ 赤シソも 虫や 病気にによる 被害もなく 無事 収穫期を迎えたので 刈取りました。

 早速 赤シソジュースを作りました。
 一般に 作られているレシピとは 全く かけ離れたジュースで 家族でも 誰一人として このジュースを飲むものは居ません。 酢の匂いが強く 酸っぱいからです。
 
( 作り方につきましては 毎年 この時期に掲載しておりますが 例えば 2008年 6月 13日のアーカイブ等を ご覧ください )


 

土曜日, 7月 09, 2016

夏野菜の収穫

東京地方の梅雨も 後半に入り 湿度の高い曇り空が続いています。
東京の水源地 利根川の上流地方は 冬の積雪量が少なかった上に その後の 降雨量も少なく これから 梅雨後半の降雨量が少なければ この夏は 水田の稲作と我々の生活水にも大変な悪影響が出そうな状況です。  東京の都心部では 今のところ 平年並みの降雨です。

  7月に入って 農園の夏野菜も 収穫の最盛期に入りました。
  毎日 収穫に出かけないと ナスもキュウリも化け物のように大きくなってしまいます。

  今日の収穫のすべてを並べて写真に撮りました。
  キュウリ・ナス・トマトに続いて ツルナシインゲンと万願寺トウガラシも穫れ始めました。

 ツルナシ インゲンは 4株分の 初回収穫です この位 纏まって収穫出来ると 消費見合いで都合がいいです。
 万願寺トウガラシは 5株の2段と 3段花房分の収穫です。  これから気温が上がると 花付も多くなり 落花も減るので 量的に収穫期に入ります。

キュウリ・ナス・トマトは既に 3回の追肥を遣っています。 インゲンと万願寺も収穫が始まったので 第1回の追肥を遣りました。